Top >  サマンサタバサ >  サマンサタバサ バッグ


【楽天】ブランド市場 最新セール情報
【Yahoo!ショッピング】人気のブランド、注目のブランドが勢ぞろい!
【Yahoo!オークション】で人気ブランドアイテムを探す!

サマンサタバサ バッグ

サマンサタバサのバッグは大人気

サマンサタバサのバッグは、ハートモチーフやパステルカラーなどポップでキュートなデザインで、10代から20代女性に大変人気のあるブランドです。
ファッション雑誌「JJ」でも、毎月のようにサマンサタバサのページが掲載されています。

「洋服を着替えるようにバッグも持ち替えることができる」をコンセプトに、サマンサタバサは、さまざまなデザインとアイテムを提案しています。
また、サマンサタバサのバッグのデザインは、可愛いながらも知的な雰囲気も持ち合わせているので、プライベートだけでなく仕事でも使うことができる扱いやすいデザインになっています。

サマンサタバサが短期間で爆発的に人気ブランドになった理由として、イメージモデルやデザイナーに、アメリカ人気歌手のビヨンセ・ノウス、ホテル王ヒルトンの娘であるヒルトン姉妹、ハリウッド女優のペネロペ・クルス、テニス選手のマリア・シャラポア、ベッカム夫人のヴィクトリア・ベッカム、CanCamモデルの蛯原友里ら、セレブや有名モデルを起用したことが大きく起因しています。
また、企業とのコラボレーションでも話題になっており、ANAの限定バッグやフジテレビの女子アナバッグでも有名になりました。

セレブなプロモーションのイメージから、サマンサタバサのバッグは高いと思われがちですが、価格帯は2万5000〜3万5000円と、お手ごろな価格になっています。


 サマンサタバサ バッグ


サマンサタバサのバッグ以外の商品:小物

バッグのブランドであるサマンサタバサは、別ブランドでバッグ以外にも様々な商品展開を行っています。
そのブランドの一つが、2004年11月にデビューした「サマンサ・タバサ・プチ・チョイス」です。
「サマンサ・タバサ・プチ・チョイス」は、財布やパスケース、ポーチなどの小物を扱うブランドです。
「バッグの中も、可愛くコーディネイト」を基本コンセプトに、ファッション性に富んだ商品を多数展開しています。

例えば、黒やパステルカラーのシンプルな無地の皮革を使う一方でハートのキルティングを施したりと、まさにサマンサタバサのバッグをぎゅっと凝縮したような小物が揃っています。
また、デザインを重視するだけでなく、機能性に細かなこだわりが見られるのも、このブランドの特徴の一つです。
カードポケットの多さや、日本紙幣に合わせた札入れのサイズだけでなく、内側に鏡や写真入れを設けたりといった、細かい部分にも、バッグブランドとしてのサマンサタバサのこだわりが見受けられます。
価格も安く、1万円台から購入できる財布もあり、高校生などの若い年代の女性に人気です。


サマンサタバサとコラボレーションしている有名人:蛯原友里

サマンサタバサというバッグブランドが有名な点の一つに、有名人と多数コラボレートした商品を多く発売していることが挙げられます。
一番有名なのが、最近はドラマ出演も果たしたカリスマモデル、エビちゃんこと蛯原友里さんです。
蛯原友里さんは、サマンサタバサのプロモーションモデルとして活躍しているだけでなく、ジュエリーブランド「サマンサタバサデラックス」の中で、バッグとジュエリーのデザインを手がけていることでも、大変有名です。

彼女の商品は、サマンサタバサ公式サイトhttp://www.samantha.co.jp/index.htmlからも購入することができます。
どれも限定商品なので、公式サイトやサマンサタバサ直営店で品切れになったバッグは、ネットオークションでも高値で取引されている模様です。
特に、商品を購入した人についてくる、蛯原友里さんデザインの携帯ストラップやポーチ(いずれも非売品)は、なお一層のプレミアがついているようです。

シーズンごとだけでなく、毎月新作のバッグやジュエリーが次々発表されているので、蛯原友里さんのファンの方だけでなく、「エビちゃんのデザインしたバッグが欲しい」という方は、要チェックですよ。


サマンサタバサとコラボレーションしている有名人は多数

サマンサタバサのブランドとコラボレーションしている有名人は、蛯原友里さんだけでなく、他にもたくさんいます。
例えば、2003年にプロモーションモデルに起用されたヴィクトリア・ベッカム(サッカーのベッカム選手夫人)は、サマンサタバサのバッグやジュエリーのデザインを手がける他、彼女自身の妊娠・出産の時に、サマンサタバサとコラボレーションしてマザーズバッグを作ったことでも知られています。

また、「モデル(蛯原友里さんなど)が憧れるモデル」として、ラジオのパーソナリティなど数々の分野で活躍しているSHIHOさんも、サマンサタバサとコラボレーションしてバッグなどを手がけた有名人の一人です。
他、アメリカのセレブ姉妹として知られるパリス(姉)、ニッキー(妹)ヒルトンや、プロテニスプレーヤーのマリア・シャラポアさん、
韓流スターとして大人気のイ・ビョンホンさん、F1で有名の鈴木亜久里さん、ペネロペ&モニカ・クルス姉妹などなど、今までにサマンサタバサとコラボレーションしてバッグなどの商品を発売した有名人は数知れません。


ブランド サマンサタバサの海外戦略

現在の日本におけるブランドバッグの市場は、世界の市場同様、ルイ・ヴィトンやグッチ、エルメスなど、ヨーロッパ発のメガブランドに席巻されています。
その中で、日本発のブランドとして、世界に打って出ようと奮闘しているのが、サマンサタバサです。

「洋服を着替えるようにバッグや財布も着替えよう」というのが、サマンサタバサのブランドコンセプトです。
その「ブランドバッグのお着替え感覚」が、ヒルトン姉妹やヴィクトリア・ベッカムなど海外のセレブを始め、日本でも着実に受け入れられて、現在に至っています。
また、サマンサタバサでは、2000年にニューヨークにショールームを開設し、高級デパートやセレクトショップで販売することで、ニューヨークにおけるマーケティング戦略を練り続けてきました。

そして2006年には、ニューヨークの中心、マディソンアベニューに、サマンサタバサブランドの海外初となる路面店を出店する予定です。
ニューヨークの人たちは、サマンサタバサのバッグをどのように愛用していくのでしょうか。
今後の展開が非常に楽しみなバッグブランド、それがサマンサタバサです。


サマンサタバサの社長:寺田和正氏

1994年に産声をあげたサマンサタバサを設立したのは、現・代表取締役社長の寺田和正氏です。
1965年、広島県福山市に生まれた寺田社長は、野村貿易を経て独立後、海外ブランドの輸入卸業を手がけていました。
やがて、1994年当時30歳という若さで製造小売業に業態変換し、サマンサタバサ(株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド)を立ち上げ、東京・渋谷のパルコに1号店をオープンさせました。

『会う人はもちろん、自分のその時の気分に合わせて服を着替える(実際、社長室にはクローゼットがあるそうです)』という寺田社長のこだわりが、現在のサマンサタバサのブランドコンセプトである「ブランドバッグのお着替え感覚」という発想を生み出したのでしょう。
その後、サマンサタバサを母体とするバッグやジュエリーのブランドを次々と立ち上げるのと同時に、幅広い人脈で各界の有名人と次々にコラボレーションした商品を生み出し続け、現在に至っています。
また寺田社長は、プライベートでも、お酒が大好きなにぎやかな人柄で知られています。
そして、今まさに、Made in Japanのバッグブランドとして世界に打って出ようとしている寺田社長の挑戦は特筆すべきものがあります。
今後の寺田社長の活躍が楽しみですね。


サマンサタバサの歴史

サマンサタバサは、1994年日本で誕生し、2002年ごろから爆発的なヒットとなりました。
ブランド名の「サマンサタバサ」の名前の由来は、1960年代のアメリカの人気テレビ番組「奥様は魔女」の主人公「サマンサ」と、その娘「タバサ」から名付けられたということです。

サマンサタバサは、会社設立後、次々と派生ブランドとショップを誕生させています。

◆派生ブランド
1999年、クール&セクシーがテーマのブランドでサマンサタバサより大人っぽいデザインの「バイオレットハンガー」が誕生。
2000年、サマンサタバサの妹ブランドで、10代後半の女性向きで低価格設定の「サマンサ ベガ誕生」が誕生。
同年、30代以上の大人の女性を対象にしたエレガントなデザインの「サマンサタバサ ニューヨーク」が誕生。
2002年、サマンサタバサ、サマンサタバサニューヨークの融合ブランド「サマンサタバサ エスティニー」が誕生。
2003年、サマンサタバサのジュエリーブランド「サマンサ ティアラ」が誕生。
2004年、サマンサタバサとサマンサティアラが融合したブランド「サマンサタバサ デラックス」が誕生
同年、財布やポーチなどサマンサタバサの小物類ブランドの「サマンサタバサ プチチョイス」が誕生。
2005年、サマンサタバサ公式モバイルサイト「サマンサタバサ ワールドウォーカー」でしか買えないモバイル専用ブランド「STNY(エスティニー) by Samantha Thavasa」が誕生。
2006年、サマンサタバサのメンズブランド「サマンサキングス」が誕生。

◆サマンサタバサの主なショップ
2002年9月、サマンサタバサ初の旗艦店を心斎橋にオープン。
2002年11月、サマンサタバサ初の東京旗艦店を銀座2丁目にオープン。
2003年2月、代官山にサマンサベガとバイオレットハンガーの旗艦店をオープン。
2003年4月、六本木ヒルズにサマンサ・タバサ・ニューヨークオープン。
2004年9月、サマンサタバサデラックス初の銀座旗艦店をオープン。
2005年4月、フラッグシップショップである、サマンサタバサ デラックス表参道GATES店をオープン。
2006年10月、メンズブランド「サマンサキングズ」渋谷パルコ店をオープン。


 サマンサタバサ バッグ


サマンサタバサ

関連エントリー

 • サマンサタバサ バッグ


Top >  サマンサタバサ >  サマンサタバサ バッグ