Top >  バーバリー >  バーバリー バッグ


【楽天】ブランド市場 最新セール情報
【Yahoo!ショッピング】人気のブランド、注目のブランドが勢ぞろい!
【Yahoo!オークション】で人気ブランドアイテムを探す!

バーバリー バッグ

バーバリーバッグの魅力

バーバリーのバッグは、英国王室ご用達の称号を得ている老舗ブランドにふさわしく、バーバリーチェックを中心にシックで機能的なデザインを展開し、男女を問わず世界中の人々に支持されています。

バーバリーのバッグは、本国発表のものと日本のライセンス製品では、若干の違いがあります。

日本では、バーバリーの伝統にトレンドをミックスした独自ブランド、「バーバリーブルーレーベル」と「バーバリーブラックレーベル」が、20代〜40代を中心に大変人気があり、バッグも売れています。

「バーバリー」の若返りを目指したこの2つのブランドによって、老舗ブランド「バーバリー」が若年層にも支持されるようになりました。


 バーバリー バッグ


バーバリーの歴史

バーバリーは1856年、トーマス・バーバリーが、イギリス・ロンドンのベイジングストークに洋服店を開業したのがはじまりです。
羊飼いや農民が汚れを防ぐために服の上に羽織る上着に興味を持ち、防水布地「ギャバジン(Gabardine)」を生み出し、1888年には特許を取得しています。
なお「ギャバジン」はスペイン語由来の言葉です。また第一次世界大戦がはじまると、手りゅう弾や剣、水筒をぶら下げるD字型リングをコートに止めたバーバリー・トレンチコートの原型が作られ、約50万人の将兵が愛用したとされています。
1919年、ジョージ五世からコート・ジャケット部門のロイヤルワラント(英国王室御用達)を受け、エドワード八世もグレート・コート(厚地の大きなコート)のデザインを承認、1955年にはエリザベス2世から、1989年にはウェールズ皇太子からもロイヤルワラントを拝命されました。
バーバリーのトレンチコートは、すでに160年も前から男性向けのアイテムとして名を馳せた歴史あるブランドなのです。


バーバリーチェック

バーバリーといえばイギリスの定番ブランド。
バーバリーチェックは、バッグや傘やマフラーなどあちらこちらで見かけます。
バーバリーチェックは、もともとは1924年にコートの裏地としてデザインされたものですが、裏地以外で初めて使用されたのは、1967年のパリコレクションで発表された傘でした。
その後、バーバリーチェックは、バッグやマフラーなどの小物から服までと様々なファッションアイテムに使用されるようになったのです。
カラーバリエーションも最初のキャメル/赤/黒/白から豊富なカラーに展開され、世界のブランドとしてバーバリーチェックは今でも愛用され続けています。


バーバリーの日本での展開

1970年に三陽商会がライセンス商品の製造・販売の権利を獲得します。
1996年秋、三陽商会の企画で日本独自のレーベルである、「バーバリー・ブルーレーベル(BURBERRY BLUE LABEL)」を発表します。
1998年、バーバリーの新ブランド「トーマスバーバリー」を日本で展開します。
「トーマスバーバリー」は、メンズから、レディース、キッズまでそろい、衣類だけでなく、「トーマスバーバリー」独自の視点で選んだ生活雑貨も並び、リラックスできるライフスタイルを提案。
現在、東京の三越恵比寿店をはじめ、全国十店舗で展開されています。
さらに、ブルーレーベルの姉妹ブランドとして、5歳から35歳の男性向けの「バーバリー・ブラックレーベル」を投入し、顧客の拡大につなげました。
2000年12月、東京・銀座に旗艦店をオープン。
2004年4月、東京・表参道にバーバリー表参道店をオープン。


 バーバリー バッグ


バーバリー

関連エントリー

 • バーバリー バッグ


Top >  バーバリー >  バーバリー バッグ